ちんこの悩み②包茎

ちんこの悩みで大きさの次に悩んでいるのが包茎です。ビッグモアでは包茎の悩みや包茎の危険性をご説明します。

包茎の悩み

包茎で悩んでいる方は次のような悩みをお持ちです。

①温泉旅行や銭湯などの入浴時に恥ずかしい

包茎の方が1番なあ病んでいるのが、入浴時に恥ずかしいです。中高生なら修学旅行やプール、社会人になると社員旅行時にどうしても他人の目がきになって仕方がありません。
包茎は男性仲間からも弄られるだけではなく、女性からも好印象を持たれる事が少ないです。

②ちんかすが溜まる

包茎は常に亀頭に皮をかぶっている状態なので、亀頭やカリにちんかすが溜まります。ちんかすは射精をしなくても、少しづつ性分泌を発生させるので、包茎の方は自然とちんかすが溜まっていきます。
ちんかすが溜まる事でばい菌を増殖させるので、ちんこからの悪臭の原因になり女性に不快感を与える事になります。また、最悪の場合は陰茎ガンになる可能性も秘めています。

③早漏になる

包茎の人はそろうになる可能性が高くなります。なぜなら、普段は皮をかぶっている状態で生活をしています。しかし、セックス時には皮をむいているので、外部との摩擦に慣れていないちんこが過敏になるのですぐにイってしまいます。

包茎の危険性

包茎にはどのような危険性があるのでしょうか?

①衛星面が危険

包茎で1番のリスクがあるのが衛生面です。包茎では通常のちんこよりも多くのちんかすが溜まります。
それは、亀頭に皮がたえず被っている状態の為、亀頭やカリにちんかすが溜まります。ちんかすには悪臭の原因となるばい菌を増殖ささるので、真性包茎やカントン包茎でなければ、しっかりと洗い流すようにしてください。真性包茎やカントン包茎は日常的に溜まったちんかすを洗い流す事が出来ないので英咳的には非常に危険です。

②性病の危険

包茎は亀頭に常時皮をかぶっているので、ずる剥けのちんこと比べると亀頭表皮が薄いので、傷つきやすくなっております。
そのため、包茎の方は淋病を初め、クラミジアなどの性病の危険性が高くなります。包茎ではなく、ずる剥けのちんこなら性病にかからない分けではありませんが、包茎の方は危険性が高いと思ってください。

また、性病ではありませんが、包茎の方は炎症を起こす危険が高くなります。
包茎であれば皮膚表面が延焼しやすいのは当然なのですが、皮により密室閉鎖間ができるので、菌が非常に繁殖しやすい環境となります。そこから、尿道に菌が入り込む事で炎症や感染症に繋がります。

③ちんこ成長の妨げ

包茎の方がみな悩んでいるのがちんこの短小です。皮が大きいだけで実際はちんこの大きさは人並みの場合もありますが、大多数の方が小さい事が原因の1つになってります。
これは、ちんこが1番成長する就寝時に皮が覆いかぶさり成長を妨げてしいます。
大人になってからでも包茎手術後にちんこや亀頭部分が大きくなったなどの報告もあります。

>>>ちんこが大きくなるサプリ<<<

この記事への評価
12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...
↑の☆を押して是非評価をお願いします
バリフの代わりが見つかるレビトラ専門店

レビトラアイドラッグ

シェアする↓

フォローお願いします!

バリフの代わりが見つかるレビトラ専門店

レビトラアイドラッグ